作業服のズボンはタック入りがいい

ズボンズボンの前側にあるヒダをタックと言います。スーツのズボンを選ぶ際に、ノータックかツータックか、など迷うこともあるでしょう。最近ではノータックのズボンが人気のようです。ズボンはタックがあるほど、お尻や太ももの部分にゆとりができます。近年ではスリムなスラックスが人気なので、ノータックを好む人が増えているのです。特に若い年代の人は、細身でありまた細身の方がスタイリッシュで都会的、といった印象があるので、タックのないスラックスを選ぶ傾向にあるのです。

確かに、ノータックのズボンはスタイリッシュでかっこいいものです。スッキリとしたシルエットは、おしゃれで洗練されたイメージです。しかし、ツータックの方は動きやすいというメリットがあります。特に野球などお尻が大きいスポーツ選手や、ふくよかな人は、ツータックのスラックスの方が、動きやすいです。また、細身であっても、体を動かす際には、動きやすい服装であることが望ましいです。そのため、作業服などはツータックであることが多いのです。

体を動かしやすいことで、作業もスムーズです。窮屈な作業ズボンでは、体を自由に動かせなかったり、疲れやすくなったりすることも考えられます。ツータックのズボンでも、スッキリしたデザインのものも出ています。

ノータックやワンタック、ツータックの違いやメリット、作業ズボンとしてのタックについて紹介します。ツータックのメリットや作業服の選び方の参考になれば幸いです。

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket