ノータックとの比較

女性パンツにタックが入っているものをノータック、2本のタックが入っているものをツータックと言います。タックとは縫いひだ、などとの意味ですが、タックが入っているとヒップ周りに余裕が出るというメリットがあります。タックが入っているほど、ウエストやヒップにゆとりが出るということです。

細身のシルエットを好む人は、タックのないズボンを選ぶ傾向にあります。裾幅が狭くなり、細く見えるのでスタイリッシュです。ウエスト位置も低くなるので、モダンな印象もあります。ワンタックは、シックな印象が出ます。ワンタックのスーツは、渋い印象になります。お尻の大きなスポーツマンなどは、ワンタックを使用するケースも多いです。

ツータックのズボンは、ワンタックのズボンよりもお尻から太ももにかけてゆとりができるので、足の曲げ伸ばしがしやすくなります。スーツでも動くことが多い人は、ツータックのズボンの方が動きやすいでしょう。シルエットはゆったりしてしまうので、スタイリッシュな細身というわけにはいきませんが、機能性としては動きやすいのでおすすめです。作業服にはツータックが多いのも、動きやすさを重要視しているからです。着こなし方によっては、おしゃれに見えるので、若い年代にも人気があります。

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket