動きやすい

ノータックのパンツは、スタイリッシュでかっこいい、という印象があります。都会的で洗練されている、という印象もあるでしょう。一方でツータックのパンツは、年配の人向き、老けて見える、などと言われることがあります。

しゃがむしかし、作業服ではツータックのズボンが数多くあります。ツータックであれば、おしりや太ももにゆとりができるので、動きやすいといったメリットがあるのです。しゃがんだり、走ったり、体を動かす現場では、特に動きやすい作業着が必要です。体にストレスがかからないツータックは作業服としては適しているデザインです。

作業服の代表とも言えるカーゴパンツも人気ですが、作業服としてツータックのカーゴパンツも人気があります。ツータックのカーゴパンツは、動きやすさに加えて、大きなサイズのポケットがついているので、作業をする際に便利なのです。

近年では細身のシルエットの作業ズボンも人気があります。ツータックだと太くなってしまい、スタイリッシュは見えませんが、中には細身のツータックの作業ズボンも出ています。細身にこだわるなら、そういった作業ズボンを選ぶといいでしょう。素材に配慮しているので、細身でも動きやすいので安心です。

ノータックとの比較

女性パンツにタックが入っているものをノータック、2本のタックが入っているものをツータックと言います。タックとは縫いひだ、などとの意味ですが、タックが入っているとヒップ周りに余裕が出るというメリットがあります。タックが入っているほど、ウエストやヒップにゆとりが出るということです。

細身のシルエットを好む人は、タックのないズボンを選ぶ傾向にあります。裾幅が狭くなり、細く見えるのでスタイリッシュです。ウエスト位置も低くなるので、モダンな印象もあります。ワンタックは、シックな印象が出ます。ワンタックのスーツは、渋い印象になります。お尻の大きなスポーツマンなどは、ワンタックを使用するケースも多いです。

ツータックのズボンは、ワンタックのズボンよりもお尻から太ももにかけてゆとりができるので、足の曲げ伸ばしがしやすくなります。スーツでも動くことが多い人は、ツータックのズボンの方が動きやすいでしょう。シルエットはゆったりしてしまうので、スタイリッシュな細身というわけにはいきませんが、機能性としては動きやすいのでおすすめです。作業服にはツータックが多いのも、動きやすさを重要視しているからです。着こなし方によっては、おしゃれに見えるので、若い年代にも人気があります。

作業服のズボンはタック入りがいい

ズボンズボンの前側にあるヒダをタックと言います。スーツのズボンを選ぶ際に、ノータックかツータックか、など迷うこともあるでしょう。最近ではノータックのズボンが人気のようです。ズボンはタックがあるほど、お尻や太ももの部分にゆとりができます。近年ではスリムなスラックスが人気なので、ノータックを好む人が増えているのです。特に若い年代の人は、細身でありまた細身の方がスタイリッシュで都会的、といった印象があるので、タックのないスラックスを選ぶ傾向にあるのです。

確かに、ノータックのズボンはスタイリッシュでかっこいいものです。スッキリとしたシルエットは、おしゃれで洗練されたイメージです。しかし、ツータックの方は動きやすいというメリットがあります。特に野球などお尻が大きいスポーツ選手や、ふくよかな人は、ツータックのスラックスの方が、動きやすいです。また、細身であっても、体を動かす際には、動きやすい服装であることが望ましいです。そのため、作業服などはツータックであることが多いのです。

体を動かしやすいことで、作業もスムーズです。窮屈な作業ズボンでは、体を自由に動かせなかったり、疲れやすくなったりすることも考えられます。ツータックのズボンでも、スッキリしたデザインのものも出ています。

ノータックやワンタック、ツータックの違いやメリット、作業ズボンとしてのタックについて紹介します。ツータックのメリットや作業服の選び方の参考になれば幸いです。